富士ゼロックスにおける複合機の特徴

歴史あるメーカーだけに印刷による質といわれる面においてかなり優れているため、カラー印刷にこだわっていくなら富士ゼロックス製が良いでしょう。そして、メンテナンスについてもかなりよく、複合機自体における耐久性に加えてサポート体制によって高評価を得ています。また、機能自体に関してはシンプルに押さえながら、省エネや高セキュリティ機能について備えています。そして、スリープモードなどの省エネ性能において力を入れているためビジネスコストによる削減ができるようになっています。しかし、その反面として、本体価格やカウンター料金については他社と比べて少しだけ高めとなっています。また、富士ゼロックス製における複合機に関しては、長期使用を考えた上で印刷の質やトラブルに関する強さについて重視していく方にはおすすめとなっています。

優れた機能が備わっている富士ゼロックスの複合機

富士ゼロックスの複合機というのは、プリンターやスキャナ、コピー機、FAXといった複数の機能が一台に備わっているため、幅広いシーンにおいて活用できます。その際、パソコンとの連携がスムーズに行える点も魅力となっており、パソコンで作成した文書の印刷だけでなく、FAX機能を使用して外部へ送信することも可能です。富士ゼロックスの複合機を使用することで、単一の機能を持った機器を複数設置する必要が無く、設置場所の節約にもつながります。そのため、スペースが限られているオフィスでは特に大きなメリットとなり、オフィス内のスペースを有効活用しながら業務の効率化を図れます。富士ゼロックスの複合機を購入する際には、幅広いラインナップの中から性能や価格などを比較した上で選ぶことが重要です。その際、カタログやメーカーのホームページ、口コミサイトなど、様々な情報源を活用できます。

富士ゼロックスの複合機の設定

富士ゼロックスの複合機をネットワークプリンタとして使う場合、必ず初期設定が必要になります。ネットワークに対応したドライバのインストールが必要で、IPの設定なども必要になります。手動でプリンタのIPアドレスを検索して設定を行うこともできますが、それなりの知識が必要となります。簡単にネットワークプリンタの設定を済ませたいのであれば、複合機に付いてくるCDを使うと良いです。専用の設定ツールがCD内にあり、それを使えばネットワーク上にある複合機の検索が用意です。また、ドライバの設定だけでなくスキャナの設定も可能で、10分なればすべての設定が終了します。一度設定した内容はパソコンを変更しないかぎり有効です。CDを活用すれば、パスワードの設定も可能で、登録されたいない端末からの印刷命令をブロックすることもできます。