富士ゼロックスの複合機をリースで導入するメリット

富士ゼロックスの複合機には本格的なモデルのほか、A3サイズに対応するコンパクトな卓上型など、数々の複合機がラインナップされています。また、富士ゼロックスは画質が良いことでも定評がありますから、印刷関連やデザインに関わる現場でも人気があります。その富士ゼロックスの複合機を導入する場合は、購入またはリースで導入することが一般的です。どちらが良いかは目的や希望条件によって異なりますが、イニシャルコストを抑えたい場合では、リースでの導入が得策になります。リースでは最初に大きな資金を用意する必要がありませんから、導入しやすいというメリットがあります。また、機械類は日進月歩で進化しますが、リースなら契約が切れる度に最新モデルも導入しやすいなど、常時新しい機能を備えたモデルを使用できるメリットがあります。

新しい複合機と富士ゼロックス

会社で複合機を新しくすることにしました。何がよいかいろいろ案を出し合うことにしました。用紙を配って希望を募ったところ、富士ゼロックスがよいという意見がでました。早速チェックしてみたところ、なかなかよさそうです。予算内でもあり、使い心地もよいということで、お願いすることにしました。早速打ち合わせを行いましたが、レンタルを予算内で行うことができる目星がたちました。良かったなと感じました。一応文書にして社内の方にも伝えることができました。喜んでもらえたように感じます。仕事のスピードが早くなるといってくださった方もいて嬉しくなりました。想像していたよりも早く社内に設置することができ満足しています。早速しようしてもらっていますが、使用しやすいということでかなり好評です。お願いできてよかったなと感じます。

優れた富士ゼロックス製複合機の導入方法

卓上でも使えるコンパクト設計の機種から四段式の高機能機種まで、富士ゼロックスの複合機には魅力的なラインナップがあります。また、発色の良さやクオリティーの高い印刷など、性能面でも優れた製品になっています。そして富士ゼロックスの複合機を導入する時は、購入、リース、レンタルという三つの方法から選択できる場合が多くなっています。それぞれにメリットやデメリットがありますから、導入目的によって適切に選択することが肝心です。例えばリースとレンタルは、借りるという点では同じになりますが、借りる期間が違います。リースは数年間借りることが基本ですが、契約期間が満了するまで原則的に解約できないことが一般的です。そのため一時的に仕事が増えた場合では、短期間だけレンタルして、増えた仕事に対応するという方法も有効になっています。