芸術家のクラウドファンディング☆厳選6選

Home > 未設定 > クラウドファンディングでお金を作ってみよう

クラウドファンディングでお金を作ってみよう

 何かの芸術分野で成功を収めたいと感じているにもかかわらず、お金がなくて諦めてしまっている人は実は結構多いです。
今実際にお金がなく、芸術家としての道を諦めている人は、あきらめる前にクラウドファンディングを実践してみると良いでしょう。
消費者金融業者からお金を借りるよりも、非常に有意義な結果を残すことができます。
こちらの芸術分野を応援してくれる人たちからお金を集めることになるので、罪悪感もないはずです。
また、クラウドファンディングに参加させてくれるサイトも昔に比べて非常に多く見かけられるようになってきました。
まずは、どこのサイトに芸術家として登録し、お金を集めるべきなのかをよく考えることが重要となります。
適当なサイトを選ぶのではなく、実際にお金を集めている人の体験談に注目して判断しましょう。

 身の回りで芸術家として成功し、クラウドファンディングでお金を集めたことがある人がいるなら、その人からサイトを紹介してもらうのが確実だといえます。
やはり経験者の話が1番の大きな参考材料になるので、必ず確認するようにしておきたいところです。
ある程度信頼できるクラウドファンディングサイトがわかったら、そこに芸術家としてプロフィール登録をし、お金を集めましょう。
こちらが、どのような事をやりたいと感じているのかを明確にし、それを出資者に対して伝えることが重要となります。
それに同意して、応援したいと感じる人だけがお金を出すシステムなので、まずはこのルールと流れを理解するようにしておきたいところです。
たくさんの人たちの心の琴線に触れるようなものを実践してみましょう。

 また、クラウドファンディングを実践した後に、出資者にどのような見返りを用意することができるのか、前もってしっかりと決めておくことが大事です。
出資者の人はもちろんそこを見ていますし、出資することによるメリットに関して、常日頃から考えているでしょう。
そういった人たちのニーズに応え、なおかつ自分自身の技術分野を完成させることも考えなければならないので、割と大変です。
とりあえずはシミュレーションし、どのくらいのお金があれば達成できるのかを明確にしてから、お金を募ることが重要となります。
芸術分野と一言に言ってもたくさんあるでしょう。
絵画、音楽、ムービー作成などの芸術分野の中で、自分自身が最も得意とし、なおかつ社会貢献ができるようなものをうまい具合に選び、出資者からお金を集めるのが無難だといえます。

次の記事へ

カテゴリー