芸術家のクラウドファンディング☆厳選6選

Home > 未設定 > クラウドファンディングとして出来ること

クラウドファンディングとして出来ること

 クラウドファンディングというのはネットを通じて行うことができる金融になります。
これは投資目的ということもありますが、実は寄付とか支援のような形で行えることもあります。
その場合、リターンがほぼないこともありますし、成果物などを受け取るということもあったりします。
事業に資金提供をするということがメインになるわけですが、例えば芸術家などに支援をするということもできるわけです。
何かをするから支援してくれる人を探している、というときに活用できる金融であるわけですが、当然ですが最初に色々と登録をする必要性があったりしますし、その業者によってはかなり厳しい審査もあることでしょうから、これは気軽に投資、出資などを募ることができるともいえるのですが、最低限、確保されるべきこともあるわけです。

 社会的に大事なことと思っていても資金がとにかく集まらないということがあります。
或は事業として優秀なのに銀行などからは自分の信用力の問題や規模などの評価によってお金を借りることができないということがあったりするわけです。
そうした事がある場合にクラウドファンディングなどを活用することがお勧めできるわけです。
当然ですがクラウドファンディング業者もしっかりと商売でやっているわけですから、少なからず手数料などがとられることになりますが、それでも目標する融資、出資を事業計画、行動計画によってはすぐに集められることもあります。
お金を出してもらうわけですから、それなりに責任が発生することになります。
ですから、どんなことをする目的で募っているのかということは明確にして、責任、やらないといけないことも明確にしましょう。

 芸術的な行為とかそういう試してみたいというようなことがある場合などにもクラウドファンディングというのはかなり有効的であったりします。
寄付などを募るということがしやすいものにはなるわけですから適当なことではだめでしょうが明確にこういうことがやりたくてと言うので賛同してくれる人がいるのであれば、資金はそれなりに集まることになるでしょう。
決して簡単なことではないというのは確かですし、 美術的な行為といっても人によってその評価が違うことになるわけですから実際かなり難しい部分もありますが昔よりははるかに資金を募るという行為自体がハードルが低くなっています。
いくつもその手の業者がありますが投資目的しかやっていないということもありますから、そのあたりはしっかりと確認しましょう。

カテゴリー